ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、税金の下層の、固定資産税です。の下層の、固定資産税の非課税について

くらしのガイド

固定資産税の非課税について

このページを印刷する

賦課期日(1月1日)現在において、墓地、公衆用道路、用悪水路等として利用されている固定資産や、宗教法人、学校法人、社会福祉法人等が固定資産を所有している、または所有者が無償でこれらの団体に固定資産を使用させている場合で、その利用方法が地方税法第348条の規定に該当する場合は、固定資産税が非課税となります。

非課税の適用を受けるには申告が必要です。

非課税の適用を受けるために必要な手続き

上記の土地又は家屋等が所在する粕屋町役場税務課への申告書(※1)の提出

申告に必要な書類
適用年度

年内に申告し、粕屋町役場税務課で利用状況を確認したものについては、その翌年の4月から始まる年度の固定資産税から非課税適用します。
(例) 平成27年7月に申告があった場合⇒平成28年度の固定資産税から適用

 

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 税務課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0237(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する