ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、税金の下層の、軽自動車税です。の下層の、軽自動車税です。とは

くらしのガイド

軽自動車税とは

このページを印刷する

軽自動車税とは、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます。)の所有者に対して、市町村により課税される税金です。

軽自動車税を納める人(納税義務者)

毎年4月1日現在、粕屋町内で原付バイクや軽自動車及び小型特殊自動車等を所有している方に課税されます。

※4月2日以降に廃車や譲渡をされても、その年度までは課税され月賦の減額はありません。また、年度途中に取得された車両については、その年度の軽自動車税は4月1日現在の所有者に課税され、承継後の方には次年度からの課税となります。

軽自動車税の税率

国及び地方を通じた自動車関連税制の見直しに伴い、平成26年度税制改正及び平成27年度税制改正により軽自動車税の税率が変更になります。

平成26年度地方税法等の一部改正により、平成27年度より軽自動車税の税率が引上げ及び重課の創設が導入される予定でしたが、平成27年度地方税法等の一部改正により、原動機付自転車及び二輪車等の軽自動車に係る新税率の適用時期を平成28年度以後に1年延期することや、平成27年度中に新規取得した軽自動車(四輪及び三輪)については、平成28年度分の税率に排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)を導入し適用されることになりました。

原動機付自転車、小型特殊自動車、軽二輪等  

平成28年度課税から、次の車種について新税率が適用されます。

※当初、平成26年度税制改正より平成27年度課税から税率の引上げを実施する予定でしたが、平成27年度税制改正より実施時期が1年間延期されました。

車種区分

税率(年税額)

総排気量

定格出力(※1 )

平成27年度まで

平成28年度から

原動機付自転車

50cc以下

0.6kw以下

1,000円

2,000円

50cc超 90cc以下

0.6kw超    0.8kw以下

1,200円

2,000円

90cc超 125cc以下

0.8kw超    1.0kw以下

1,600円

2,400円

三輪以上で一定の構造を有し20cc超 50cc以下 (※2)

三輪以上で一定の構造を有し0.25kw超  0.6kw以下(※2 )

2,500円

3,700円

軽自動車

軽二輪 125cc超 250cc以下

2,400円

3,600円

専ら雪上を走行するもの(スノーモービル等)

2,400円

3,600円

小型特殊自動車

農耕作業用(トラクター、コンバイン、田植機等で乗用装置のあるもの)

1,600円

2,400円

その他(フォークリフト、ショベルローダー等)

4,700円

5,900円

二輪の小型自動車 (側車付のものを含む。)

250cc超

4,000円

6,000円

※1.電気によるモーターを原動機とするものについては、定格出力により税率が区分されます。

※2.車室を有するもの、又は左右の車輪の中心間の距離が50㎝を超えている場合(ミニカー)

※ ピザの宅配用のように側面が開放されている屋根付3輪で左右のタイヤの中心間の距離が50cm以下のものなど、 一定の要件を満たすものは1,000円 (平成28年度以降2,000円)です。

※ボートトレーラーは、長さ3.40m以下、幅1.48m以下、高さ2.00m以下のものです。

三輪、四輪の軽自動車

平成27年度から三輪及び四輪の軽自動車について、条件によって新税率が適用されます。なお、条件については「最初の新規検査」の年月で判断されます。

  •  

      車種区分

    税率(年税額)

       平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(ア)    平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両(イ)    最初の新規検査から13年を経過した車両(ウ)

       軽自動車

      三輪

       3,100円

       3,900円

       4,600円

       四輪以上

       乗用

       営業用

       5,500円

       6,900円

       8,200円

       自家用

       7,200円

       10,800円

       12,900円

       貨物用

       営業用

       3,000円

       3,800円

       4,500円

       自家用

       4,000円

       5,000円

       6,000円

※13年を経過した税額は、平成28年4月1日からとなります。
(ア) 平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした軽自動車については、現在(平成26年度)の税率から変更ありません。
(イ)  平成27年度課税から、平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けるものから新税率が適用されます。
<例えば、乗用自家用(四輪)の軽自動車の場合>

  • 平成27年3月31日以前の登録 ⇒ 平成27年度から課税で、年税額は、7,200円です。
  • 平成27年4月1日に登録    ⇒ 平成27年度から課税で、年税額は、10,800円です。
  • 平成27年4月2日以後に登録  ⇒ 平成28年度から課税で、年税額は、10,800円です。

※三輪及び四輪の軽自動車に重課税率が適用されます。

(ウ) 平成28年度課税から、最初の新規検査から13年経過した三輪、四輪の軽自動車について、重課が導入されます。
ただし、電気自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引車は重課の対象から除外されます。
<例えば、乗用自家用(四輪)の軽自動車の場合>

  • 平成14年12月31日以前の登録 ⇒ 平成28年度から課税で、年税額は、12,900円です。

※平成15年10月14日前に最初の新規検査を受けた車両は「年」までの記載しかないため、その年の12月に検査を受けたものとみなすことになります。
(地方税法等の一部を改正する法律改正附則第14条第2項による。)
※別添の「軽自動車税重課税率の適用年度早見表」を参照してください。こちらから

三輪及び四輪の軽自動車にグリーン化特例(軽課)が適用されます

平成28年度課税時に、三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能が優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

<適用条件>

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車(新車に限る。 )で次の基準を満たす車両について、当該取得をした日 の属する年度の翌年度(平成28年度)分の軽自動車税に 限り、グリーン化(軽課)が適用されます。


車種区分

税率(年税額)

(エ)

 (オ)

 (カ)

軽自動車

三輪

   1,000円

   2,000円

   3,000円

四輪以上

乗用

 営業用

   1,800円

   3,500円

   5,200円

 自家用

   2,700円

   5,400円

   8,100円

貨物用

 営業用

   1,000円

   1,900円

   2,900円

 自家用

   1,300円

   2,500円

   3,800円

(エ) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

(オ) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

(カ) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

※(オ)、(カ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。

※各燃費基準の達成状況は、「自動車検査証の備考欄」に記載されています。

車検時には納税通知書の証明書をご利用ください

軽自動車の車検時に必要な納税証明には、軽自動車税納税通知書右端の「継続検査用」納税証明書を切りとってご利用ください。
ただし、領収印のないものや、氏名と車両番号を*印で消してあるものは利用できません。

紛失などの理由で「継続検査用」納税証明書を必要とされる方は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 税務課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0237(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する