ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、税金の下層の、町県民税です。の下層の、町県民税とは

くらしのガイド

町県民税とは

このページを印刷する

町県民税とは

福岡県に納めていただく県民税と、粕屋町に納めていただく町民税を含む名称で、「住民税」とも言います。皆さまがよく耳にされる所得税は国に納めていただく税金(国税)で、住民税(町県民税)は市町村に納めていただく税金(地方税)です。
住民税(町県民税)は、一定以上の所得がある人に負担していただく「均等割」と、所得金額と控除額で税額が計算される「所得割」の負担があります。

町県民税を納める方(納税義務者)

 
区分 納める町県民税
粕屋町内に住所があり、前年中に一定以上の所得があった方 均等割+所得割
粕屋町内に住所はないが、町内に事務所、事業所又は家屋敷がある方 均等割
注意事項
  1. 町内に住所、事務所などを有するかどうかは、その年の1月1日(賦課期日)現在の状況で判断します。
  2. 事務所、事業所とは事業を行う為の施設があり、そこで継続して事業を営まれる場所が該当します。(自己所有は問いません。)
    例) 医師、弁護士、税理士等の方が住宅以外に設ける診療所、事務所又は、その他事業を営む方が住宅以外に設ける店舗・事務所
  3. 家屋敷とは、自己又は家族の居住する目的で住所地以外の場所に設けられた独立性のある住宅とされています。また、家屋敷は、常に居住できる状態にあるものであれば、現実に居住している必要はありません。

町県民税が課税されない方

 
区分 内容
均等割も所得割も課税されない方

◆生活保護法の規定による生活扶助を受けている方
◆障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年中の合計所得金額が125万円以下(給与所得者の収入額になおすと204万4千円未満)の方
◆前年中の合計所得金額が次の金額以下の方

 
扶養親族が
いない場合
31万5千円
扶養親族が
いる場合
31万5千円×(本人+扶養親族の人数)+18万9千円
所得割が課税されない方

◆前年中の総所得金額等が次の金額以下の方

 
扶養親族が
いない場合
35万円
扶養親族が
いる場合
35万円×(本人+扶養親族の人数)+32万円
  • 注)扶養親族の人数には、年少扶養親族(0歳から15歳まで)を含みます。

町県民税の申告

1月1日現在で粕屋町に住んでいる人は、原則として3月15日までに粕屋町役場にて町県民税の申告を行わなければなりません。

申告書の書き方については、下記をご覧ください。

ただし、次に該当する人は、申告の必要はありません。

【町県民税申告をする必要がない人】

  • 所得税の「確定申告」を行った人
  • 前年中の所得が1事業所からの給与のみで、勤務先で年末調整済みの「給与支払報告書」が粕屋町役場に提出されている人(勤務先に確認してください)
  • 前年中の所得が公的年金のみで、扶養控除や社会保険料、その他の控除を追加する必要がない人

※前年中の所得がない人も各種税務証明が必要な人や国民健康保険税の算定等のために申告が必要となる場合があります。

収入と所得

収入と所得は、同じような言葉ですが、意味が異なります。

収入とは

自営業者の場合には売上金額、会社員等の給与所得者の場合には源泉徴収税額や社会保険料等を差し引く前の総支給額をいいます。

所得とは

収入から必要経費を差し引いた額です。ただし、給与や年金をもらっている方は、必要経費を特定することが難しいため、決められた計算式に基づいて控除額を求め、それを収入から差し引いて所得を求めます。

税額の計算方法

町県民税には均等割と所得割があり、それぞれの税額を合算して求めます。

【均等割(年額)】
町民税 県民税 合計
3,000円
1,500円
「森林環境税」500円を含みます。
4,500円

※平成26年度から平成35年度までの均等割は、「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」を踏まえ、以下のとおり町民税、県民税それぞれに500円が上乗せされます。

【均等割(年額)】(平成26年度から平成35年度まで)
町民税 県民税 合計
3,500円

2,000円

「森林環境税」500円を含みます。

5,500円
【所得割の税率(一律)】
町民税 県民税 合計
6%
4%
10%
【所得割の計算】

「前年中の所得について算出した総所得金額等の合計額」-「所得控除額」=「課税所得金額(1,000円未満切捨て)」

 

課税所得金額」×「税率」-税額控除調整控除-「配当割控除額株式等譲渡所得割控除割額」 =「所得割額」

  • 注)分離課税がある場合は、調整控除が含まれないため計算方法が変わります。

1年間の町県民税額は…

「町県民税の均等割額」+「町県民税の所得割額」=「1年間の町県民税額」

町県民税の計算例

  1. Aさんの場合
    ・会社に勤務するサラリーマン(給与収入あり)
    ・妻と子ども2人の4人家族(妻子は収入なし)
    ・子どものうち1人は16歳(一般扶養親族)、もう1人は19歳(特定扶養親族)
    Aさんの場合の計算例はこちら
  2. Bさんの場合
    ・70歳で年金収入あり
    ・妻(73歳・身体障害1級)と2人家族
    ・妻は収入なし
    Bさんの場合の計算例はこちら

町県民税の納税方法

町県民税は給与所得者、給与所得以外の人(事業を営んでいる人)と公的年金を受給されている人などで納税方法が異なります。

給与所得者の場合

特別徴収
勤務先で毎年6月から翌年の5月まで、12回に分けて毎月の給与の支払いの際に給与から天引きされ、給与支払者が納入する方法です。給与からの特別徴収については、以下のページをご覧ください。

給与所得者以外の人(事業を営んでいる人等)の場合

普通徴収(口座振替を含みます)
粕屋町が送付した納税通知書により、原則として年4回(6月、8月、10月、翌年の1月)に分けて納税者が直接納付する方法です。

給与所得者が、退職・休職した場合

年の途中で退職・休職などにより給与天引きができなくなった場合は、残りの町県民税を次のような場合以外には、粕屋町が送付した納税通知書(納付書)により、納税者に直接納付していただきます。

  • 納税者が新しい会社に就職し、その会社から引き続き特別徴収を行うことの申し出があった場合
  • 残りの町県民税を、支給される給与からまとめて納付した場合
給与所得者で給与以外にも所得がある場合

給与所得の他にも所得がある人については、年間の給与所得分の税額を給与天引きにより納付し、その差額については納税通知書により、納税義務者が直接納付(普通徴収)する方法と、年間の税額全部を給与天引きにより納付する方法のいずれかを選択することができます。(確定申告書を提出するときに、記入する欄(確定申告書第2表の「○住民税・事業税に関する事項」)があります。)

65歳以上の公的年金等受給者の場合

年金特徴又は普通徴収
どちらの納付方法とするかは、法律に定められており、納税者ご本人が選択することはできません。年金からの特別徴収については、以下のページをご覧ください。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 税務課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0237(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する