ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、健康・予防の下層の、予防接種です。の下層の、高齢者インフルエンザの予防接種です。

くらしのガイド

高齢者インフルエンザ予防接種【定期接種】

このページを印刷する

高齢者インフルエンザの定期予防接種について

予防接種法に基づく定期予防接種として、季節性のインフルエンザの流行期を前に、高齢者へのインフルエンザ予防接種を町が費用の一部を負担して実施しています。接種は義務ではなく、本人が希望する場合にのみ受けられます。

対象者
  1. 接種日当日に、粕屋町に在住の65歳以上の方。
  2. 接種日当日に、粕屋町在住の60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器の障がい、又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がい(いずれも障害者手帳一級程度)をお持ちの方。詳細は、お問い合わせください。
接種回数

1人につき年1回

接種期間

毎年10月1日から翌年1月31日

※予防接種の効果が出るまで、接種後2,3週間必要です。流行に間に合うように、12月末までに接種しましょう。

自己負担額

1,600円  ※生活保護世帯の方は自己負担金が免除となります。

実施医療機関

福岡県内の指定医療機関

接種時に持って行くもの
  • 自己負担金
  • 身分証明書

※運転免許証、保険証など。生活保護受給世帯の方につきましては、必ず診療依頼証もお持ちください。

指定医療機関外での接種を希望される場合(予防接種実施依頼書の交付申請)

定期予防接種の対象者が、下記の理由により契約医療機関以外の医療機関等で予防接種を受けようとする場合、予防接種実施依頼書の交付を受けてください。

  • 契約医療機関外の医療機関にかかっている方又は入院している方
  • 老人保健施設等に入所している方

予防接種実施依頼書の交付申請について詳細はこちらをご覧ください。

インフルエンザ予防接種の副反応について

接種後に注射の跡が、赤みを帯びたり、はれたり、痛んだりすることがあります。また、わずかながら熱がでたり、寒気がしたり、頭痛、全身のだるさなどがみられることがありますが、数日のうちに治ります。稀に報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様反応、ギランバレー症候群、けいれん、急性散在性脳脊髄炎等が報告されています。

予防接種後の副反応について

予防接種の副反応や予防接種健康被害救済制度について、詳細はこちら

お問い合わせ

粕屋町役場 住民福祉部 健康づくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0258(直通)
FAX:092-938-2415
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する