ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、健康・予防の下層の、予防接種です。の下層の、予防接種後の副反応です。

くらしのガイド

予防接種後の副反応

このページを印刷する

予防接種後の副反応について

予防接種後まれに副反応が起こることがあります。また、予防接種と同時に他の感染症がたまたま重なって発症することもあります。予防接種を受けた後、注射部位のひどい腫れ、高熱、ひきつけなどの症状が出た場合は健康保険証を持参して医師の診察を受けてください。副反応の状態により一定の基準に該当した場合は、ご本人の同意を得て、医師より町へ報告されます。

予防接種健康被害救済制度について

予防接種を受けた後、ワクチンの種類によっては極めてまれ(百万から数百万人に1人程度)に脳炎や神経障がいなどの重い副反応が生じることもあります。このような場合にその症状が定期予防接種によるものと厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく健康被害救済制度の給付の対象となります。給付の内容としては、医療や入院に要した経費や障がいの状態となられた場合は年金などがあります。くわしい内容や手続については、お問い合わせください。


お問い合わせ

粕屋町役場 住民福祉部 健康づくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0258(直通)
FAX:092-938-2415
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する