ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、育児・教育の下層の、小学校・中学校です。の下層の、学校施設の安全性

くらしのガイド

学校施設の安全性

このページを印刷する

小中学校の耐震診断結果の公表について

目的

学校施設は、子どもたちが一日の大半を過ごす場であるとともに、その多くが震災等の非常災害時には地域住民の避難場所として大きな役割も果たすものです。
このため、施設の安全性を確保するには、とりわけ耐震化をすすめることが極めて重要です。
粕屋町ではこれまで耐震診断を実施した建物ごとの結果を地震防災対策特別措置法に基づき公表いたします。
今後、診断結果を踏まえ建物の補強を行い、施設の耐震化を進めてまいりますので、一層のご理解、ご協力をお願いいたします。

耐震診断についての考え方
耐震診断

昭和56年以前に建築された建物について、国が定めた診断基準により現況調査(コンクリート等の劣化状況など)、構造計算及び工学的判断などにより、その耐震性能を診断するものです。

該当する施設

建築基準法改正(昭和56年6月)前の基準で建築された建物で

  • 非木造施設 : 2階建て以上又は延床面積200平方メートルを超える建物
  • 木造施設  : 3階建て以上又は延床面積500平方メートルを超える建物

※粕屋町では粕屋中央小学校・粕屋中学校・粕屋東中学校は、建築基準法改正(昭和56年6月)後の基準で建築された建物の為、耐震診断や補強工事は必要ありません。

用語の説明
用語の説明
構造 R:鉄筋コンクリート
S:鉄骨造
耐震診断の方法 2次診断:
柱・壁・コンクリート強度・鉄筋量等から建物の強さと粘りを推定する診断方法。
耐震化優先度調査:
建物の建築年、構造形式、コンクリート強度、耐震壁などから2次診断実施の優先順位を判断する為の調査。その結果が1から5までの5段階の優先度ランクに判定される。
優先度ランク
耐震工事優先順位
診断結果
診断結果
調査施設 建築年度 構造 階数 面積(m2 耐震診断の種類 診断年度 優先度ランク IS値(複数項目中最低値) 備考
大川小学校 屋内運動場(体育館)

S43

R 1 763 2次診断 H19   0.718 補強必要なし
南側教室棟 S40 R 2 849 2次診断 H22 2 0.570 H23年度補強済
南側管理教室棟 S47 R 3 1680 3 0.470
北側教室棟 S52 R 3 1307 3 0.930 補強必要なし
北側教室棟 S53

R

3 943 4 0.760
S56 R 470

3

仲原小学校 屋内運動場(体育館) S48 R 2 941 2次診断 H20   0.490 H21年度
補強済
南西側
教室棟
S41 R 2 972 2次診断 H22 2 0.710 補強必要なし
南東側管理教室棟 S41 R 2 1460 2 0.660 H23年度補強済
北側特別
教室棟
S45 R 2 972 2 0.820 補強必要なし
粕屋西小学校 屋内運動場
(体育館)
S51 R 2 858 2次診断 H21   0.238 H23年度補強済
北側管理教室棟 S51 R 3 2735 2次診断 H22 3 0.380 H24年度補強済
北側教室棟 S51 R 3 603 3
北側教室棟 S52 R 3 526 4
北側教室棟 S54 R 3 597 4

お問い合わせ

粕屋町役場 教育委員会 学校教育課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0182(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する