ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、育児・教育の下層の、育児支援の下層の、子ども・子育て支援新制度です。

くらしのガイド

子ども・子育て支援新制度

このページを印刷する

子ども・子育て支援新制度とは

この制度は、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」と、関連する法律などに基づき、幼児期の教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や、質の向上を図るためにつくられました。

主な取り組み
  1. 幼稚園と保育所を一つにした「認定こども園」の推進を図ります。
  2. 保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすい、働きやすい社会にします。
  3. 幼児期の学校教育や保育、地域の様々な子育て支援の量の拡充や質の向上を目指します。
新制度で増える教育・保育の場

幼稚園・保育所に加えて、「認定こども園」の普及を図ります。
「地域型保育」を新設し、3歳未満児の保育を増やします。

幼稚園

小学校以降の教育の基礎を作るための幼児期の教育を行う学校。

(3歳から5歳)

【利用時間】

昼すぎまでの教育時間のほか、園により教育時間前後や園の休業中の教育活動(預かり保育)などを実施
【利用できる保護者】
制限なし

保育所

就労等のため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設。

(0歳から5歳)
【利用時間】
夕方までの保育のほか、園により延長保育を実施
【利用できる保護者】
共働き世帯など、家庭で保育のできない保護者

認定子ども園

幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設
(0歳から5歳)
保護者の働いている状況に関わりなく、どのお子さんも教育・保育を一緒に受けます。

地域型保育

地域型保育 施設(原則20人以上)より少人数の単位で、0~2歳の子どもを預かる事業
(0歳から2歳)
0歳から2歳児を対象とした新しい事業です
※平成26年9月現在粕屋町において参入する地域型保育事業者は未定です 。

入園の手続きや保育料が変わります
  • 幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する際に、利用のための認定を受ける必要があります。
  • 新制度では、お住まいの市町村による3つの区分の認定に応じて、利用先が決まっていきます。
 
支給認定区分 子どもの年齢 対象 利用先 支給認定の手続き先
1号認定 満3歳以上 教育を希望 幼稚園、認定こども園 幼稚園、認定こども園
2号認定 保育が必要 保育所、認定こども園

役場子ども未来課

(在園児は各園)

3号認定 満3歳未満 保育所、認定こども園
地域型保育
保育料

幼稚園、保育所、地域型保育など利用先に関わらず、保護者の所得(町民税)に応じた支払が基本となります。

※新制度に移行する私立幼稚園では、就園奨励費が廃止される予定ですが、利用者負担が保護者の所得(町民税)に応じた額となるため、実質的な保護者負担は、大きく変わらない予定です。

※新制度に移行しない私立幼稚園は、保育料は従来通り園で設定し、支給認定は不要です。

※町立幼稚園の保育料・入園料は、従来通りの予定です。

通園中の方の手続き

通園中の方も、利用のための認定を受ける必要があります。手続きの方法は、各園を通じてお知らせします。
詳しくは、内閣府 子ども・子育て支援新制度施行準備室ウェブサイトをご参照ください。

お問い合わせ

粕屋町役場 住民福祉部 子ども未来課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0214(直通)
FAX:092-938-0268
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する