ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、育児・教育の下層の、育児支援です。の下層の、粕屋町子育て応援団

くらしのガイド

粕屋町子育て応援団

このページを印刷する

粕屋町子育て応援団について

平成17年3月、粕屋町次世代育成支援行動計画を策定し推進するために、策定に関わった町民の方々を中心に結成されました。粕屋町の子育てを応援している住民と行政の共同団体です。現在84名のメンバーが世代間交流チーム、公民館活用チーム、父親の育児参加チーム、健やかな育ちチーム、子育てタウンページチーム、託児チームの6つに分かれ、計画推進に取り組んでいます。
また、子育て応援団では新しいメンバーを随時募集中です。興味のある方はお問合せください。

各チームの紹介

世代間交流チーム

親子が地域住民と交流できるような機会や場を設けるための支援をするチームです。つどいの広場やファミリー・サポート・センターの事業開始に大きく貢献しました。11月第2土曜日の「かすや子どもの日」にむけて、イベント等の企画に参加します。

公民館活用チーム

地域公民館という身近な公共施設を育児支援の拠点とするための支援をするチームです。公民館など数か所に親子サロンを開設し、活動の輪を広げています。これからも増やしていく予定です。また、今年もフォローアップ研修の開催やボランティアさん同士の勉強会も計画しています。


父親の育児参加チーム

ノーテレビデーの啓発やプレーパークの開催など、父親が気軽に育児に参加できる取り組みを推進しています。
ノーテレビデーの取り組み方は様々で、「食事の時間のみテレビを消す」、「夕方以降テレビを消す」などがあります。家族団らんで会話を楽しむために、父親と触れ合う時間を大切にするために、テレビを見ない日を決めて取り組んでみてはいかがでしょうか。父親の育児参加チームでは、“毎月第3日曜日(家族の日)はノーテレビデー”を提案します。家族が揃う日曜日に、こうした取り組みをすることによって、家族間の会話が増えたり、父親と外で遊んだりするきっかけになればと思います。
プレーパーク(冒険遊び場)とは、のびのびと思い切り遊べるように禁止事項をなくし、「自分の責任で自由に遊ぶ」ことを大切にしながら、そこにある道具や工具、自然や廃材など様々なものを使って、自分のしたいことを実現していく遊び場のことです。

健やかな育ちチーム

最近特に話題になっている食育について考えるチームです。大人の料理から取り分けられる離乳食レシピ集を作成して4か月児健診時に配布し、今年からは1歳6か月児健診時に幼児食のレシピを配布します。また、保育所の子ども達を対象に親子料理教室を食生活改善推進会の協力を頂いて開催し、朝ごはんの大切さ、作る・食べる楽しさを伝えています。

託児チーム

子育てサポーター養成講座を受講した方や子どもが大好きな方々が託児のボランティアとして活動しています。活動の内容としては町で行う検診や各種講座・セミナー等を受講される方のお子様を預かってお世話したり、地域の公民館で開催している「つどいの広場」や「親子サロン」等で、見守り保育のサポートや手作りおもちゃの製作で参加したりしています。

子育てタウンページチーム

粕屋町周辺の子育て情報を掲載した冊子及びダイジェスト版「子育てタウンページ」を作成・配布しています。病院・幼稚園・保育所の紹介や地域子育て支援情報等、子育てに関するいろいろな情報が掲載されています。今後は、「子育てタウンページ」の改定版作成等に取り組みます。

お問い合わせ

かすやこども館

〒811-2309 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目6-2

電話:092-410-2230

FAX:092-939-4029

開館時間:午前9時から午後8時

     小学生は午後5時まで(6月1日から9月30日までは午後6時まで)

休館日:毎週火曜日、毎月第2日曜日及びその翌日、年末年始、特別清掃日

 

このページを印刷する