ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、安心・安全の下層の、交通安全です。

くらしのガイド

交通安全

このページを印刷する

粕屋町からのお願いです。

飲酒運転は犯罪です。

飲酒運転根絶の社会を築くために、皆さまのご協力をお願いします。

交通安全活動

町内には国道201号線や県道35号線・607号線など、交通量の多い幹線道路が町内を縦断しているため、交通事故抑止へ向けての活動や対策を実施しています。

警察や粕屋地区安全協会などと連携しながら、交通指導員を中心とした毎月3回の街頭立番や季節ごとのキャンペーン街頭啓発を通じて交通事故防止に取り組んでいます。

とくに、飲酒運転の撲滅、子どもや高齢者の交通事故防止を重点目標としています。

運転宣言

 ・車を運転するときは、絶対に飲酒しない。

 ・飲酒している人には、車の運転はさせない。

 ・車で来た人には、絶対に酒をすすめない。

 ・我々の地域や職場で飲酒運転の危険性を話し合い、飲酒運転を追放する。

「粕屋町飲酒運転根絶に関する条例」を制定いたしました(平成23年12月16日施行)

依然として飲酒運転による事故が減らないなか、飲酒運転根絶を目指した条例が12月定例議会において議決され、即日施行いたしました。福岡県内では初めての試みです。条例の概要は以下のとおりです。

 

「飲酒運転は絶対しない、させない、許さない」

○町は根絶に向けた総合的な施策又は取組を実施する。

○町民は飲酒運転を発見した際は警察への通報や、運転中止の声かけを努める。

○事業者等は運転する従業員が飲酒していないかの確認や、飲酒運転根絶に関する教育、指導その他必要な措置を努める。

○酒類を提供する飲食店には、見えやすい場所に飲酒運転撲滅の文書又はポスター等を掲示するなどして飲酒運転を根絶するために必要な措置を講ずるよう努める。

<一部要約>

事業者の皆さまへ

看板

粕屋町では、飲酒運転根絶を宣言した町として、様々な取り組みを実施しています。
その一環として、町内の酒類提供飲食店及び酒類販売店へ町で制作した「STOP!!飲酒運転」の看板掲示の要請活動を展開しています。
趣旨に賛同いただき、看板掲示にご協力いただける店舗の方は、協働のまちづくり課(938-0173)までご連絡ください。
「飲酒運転根絶」社会の実現に向かって、官民一体となった運動を展開しましょう。「飲酒運転は、犯罪です」企業・お店にできること。従業員はもちろんのこと、お客様に飲酒運転を絶対させない。

高齢者運転免許証自主返納支援事業

加齢や運動機能の低下に伴い運転に不安を感じるなど、それぞれの理由によって、長年運転をされてきた皆様が、運転免許証を返納されるのは、大変勇気のある決断であろうと思います。また、自動車の運転が「移動手段」であった方は、これからは歩くことが多くなったり、代わりの移動手段が必要となります。粕屋町では、高齢者の健康増進と交通事故の減少を図るため、有効期限内の運転免許証を自主的に返納される満80歳以上の方を支援します。

ご存知ですか?自転車のルール

改正道路交通法の施行に伴い、平成27年6月1日から、自転車運転中に危険なルール違反を繰り返すと「自転車運転者講習」を受講することが義務付けられます。自転車は道路交通法では車両とみなされます。車の一種であるという意識を持ち、ルールを守って安全な運転をしましょう。

動画で学ぼう交通安全

交通安全に関するアドバイスなど分かりやすく説明しています。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する