ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、安心・安全の下層の、交通安全です。の下層の、平成24年度の活動

くらしのガイド

交通安全(平成24年度の活動)

このページを印刷する

飲酒運転「0」(ゼロ)をめざして~飲酒運転根絶町民集会を開催~(平成25年2月9日)

「粕屋町飲酒運転根絶町民運動の日」である2月9日、サンレイクかすやで「粕屋町飲酒運転根絶町民集会」を開催しました。

平成25年2月9日に町内で発生した、高校生(当時高校1年生)お二人の尊い命が奪われた飲酒運転事故から2年になるこの日、改めて飲酒運転「0」(ゼロ)をめざす決意を新たにしました。

飲酒運転根絶を願う祈念植樹に参加(平成25年2月7日)

飲酒運転事故で犠牲になられたお二人が事故翌日にマラソン大会で走る予定だった駕与丁公園の一角に、博多高校の生徒会が、飲酒運転根絶を願い月桂樹2本を植樹され、因町長も一緒に参加させていただきました。

生命のメッセージ展を開催(平成25年2月1日~8日)

福岡都市圏広域行政推進協議会の主催により、粕屋町でも巡回展として「生命のメッセージ展」を開催しました。

飲酒運転撲滅支援自動販売機を設置(平成24年12月)

「ストップ飲酒運転」「飲酒運転ゼロ」を願い自販機を設置いたしました。

年末の交通安全県民運動における街頭啓発(平成24年12月11日)

長者原交差点付近にて粕屋警察署員(4名)、交通安全指導員(23名)及び町職員(4名)が啓発物資を配布し、飲酒運転撲滅・高齢者事故防止を呼びかけました。

高齢者交通安全講習会(平成24年10月26日)

サンレイクかすやにて高齢者対象の交通安全講習会を開催し、交通事故から身を守るためのポイント等、粕屋警察署の協力により啓発活動を実施しました。また、高齢者交通安全キャンペーンの周知も図りました。

飲酒運転根絶の桃太郎旗を掲示(平成24年7月~)

県内で最初に飲酒運転根絶条例を制定した町として、飲酒運転根絶の気運を高めるために町交通安全協会から桃太郎旗の寄贈を受け、町内の各所に掲示しました。

緊急交通死亡事故抑止街頭啓発(平成24年10月9日)

長者原交差点及び若宮交差点付近にて粕屋警察署員(5名)、交通安全指導員(9名)及び町職員(4名)が啓発物資を配布し、飲酒運転撲滅・高齢者事故防止を呼びかけました。

秋の交通安全県民運動における街頭啓発(平成24年9月21日)

長者原交差点付近にて粕屋警察署員(3名)、交通安全指導員(19名)及び町職員(4名)が啓発物資を配布し、飲酒運転撲滅・高齢者事故防止を呼びかけました。また、同日開催(イオンモール福岡)された粕屋地区キャンペーンにも参加いたしました。

SDD全国こども書道コンクールへの名義後援(平成24年9月19日)

「飲酒運転撲滅」“あなたの飲酒運転撲滅への想い”をテーマに、全国の小中学生を対象とした書道コンクールへの名義後援を行いました。

交通マナー向上の横断幕掲示(平成24年9月13日)

サンレイクかすや東側フェンスに「車にも乗せようマナーと思いやり」の横断幕を掲示しました。

粕屋地区交通死亡事故緊急事態宣言に伴う啓発(平成24年9月7日~)

福岡県及び粕屋署管内の交通死亡事故が増加傾向にあり、粕屋地区安全安心まちづくり協議会において、緊急事態宣言が発令されました。これを受け町ホームページへの関連記事掲載や役場正面玄関へ「粕屋地域交通死亡事故緊急事態宣言発令中」看板を掲示し、交通事故抑止の啓発を行いました。
また、町内4ヶ所の町掲示板へ「粕屋地域交通死亡事故緊急事態宣言文書」を掲示しました。

飲酒運転撲滅運動の推進(平成24年8月25日~末日)

役場正面玄関へ「飲酒運転撲滅運動実施中」看板を掲示し、来庁者へ飲酒運転撲滅の啓発を行いました。
また、8月25日付け西日本新聞朝刊「飲酒運転撲滅特集」へメッセージを寄稿しました。

交通安全教室(出前講座)開催(平成24年7月22日)

行政区の公民館学級による「交通安全教室」を開催し、自転車運転のマナーや事故防止対策などについて啓発を行いました。

夏の交通安全県民運動における街頭啓発(平成24年7月10日)

長者原交差点付近にて粕屋警察署員(3名)、交通安全指導員(19名)及び町職員(4名)が啓発物資を配布し、飲酒運転撲滅・高齢者事故防止を呼びかけました。また、同日開催された粕屋地区交通安全大会(クリエイト篠栗)に参加いたしました。

「STOP the 飲酒運転」のゴム印を作成

飲酒運転根絶意識の醸成のため、ゴム印を作成し、町で使用する封筒へ明示するようにしました。

コンビニへの飲酒運転根絶要請行動(平成24年6月8日)

飲酒運転根絶の気運を高めるため、粕屋警察署員(1名)、交通安全指導員(4名)及び町職員(3名)で、町内のコンビ二13店に飲酒運転撲滅の標識掲示等を依頼しました。

自転車安全利用キャンペーン運動における街頭啓発(平成24年5月18日)

JR長者原駅にて粕屋警察署員(2名)、交通安全指導員(12名)及び町職員(2名)で、自転車安全利用、性犯罪抑止、飲酒運転撲滅に関するチラシや啓発物資を配布しました。

町職員を対象とした公用車運行前アルコールチェック(平成24年5月7日)

飲酒運転根絶意識の醸成、飲酒翌日の酒気帯び運転等の防止のため、公用車を運転する者への運行前チェック(アルコールチェッカー)を開始しました。

町内小学4年生対象自転車教室(4月~6月)

各学校のグラウンドにて自転車の安全な乗り方を、粕屋警察署員、交通安全指導員及び町職員(延べ50名)が指導しました。

春の交通安全県民運動における街頭啓発(平成24年4月6日)

長者原交差点付近にて粕屋警察署員(2名)、交通安全指導員(20名)及び町職員(4名)が啓発物資を配布し、飲酒運転撲滅・高齢者事故防止を呼びかけました。
また、同日開催(イオンモール福岡)された粕屋地区キャンペーンにも参加いたしました。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する