ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、安心・安全の下層の、防災・災害です。>水害対策

くらしのガイド

防災・災害

このページを印刷する

水害対策

大雨の画像

水害は、地震に比べ事前に予測することができます。(ただし、集中豪雨によるゲリラ豪雨は予測が困難です。)大雨情報には十分注意するようにしましょう。

日ごろから注意しておくこと

・擁壁などにひび割れがあれば、修理・補強をしましょう。
・水路がつまらないように清掃をしましょう。
・雨どいに詰まった枯葉などを取り除いておきましょう。
・避難する場合に備えて準備しておきましょう。詳細はこちら

大雨が降ったら

・テレビ・ラジオ・インターネットなどから最新の情報を入手します。

・大雨の時には、河川や水路、崖などに近寄らないようにしましょう。

・浸水に備え、家具など生活用品を高い場所に移します。

・河川の増水や土砂崩れに注意しましょう。

・車を運転中の場合、浸水でエンストする場合があります。浸水箇所は無理に通行しないようにしましょう。
・地下にいる場合、浸水で避難できなくなるおそれがありますので、早めに上の階へ行きましょう。

避難する場合

・町からの避難勧告や避難指示が出ていなくても、危険を感じたときは、自ら安全な場所に避難してください。
・重大な災害が起こるおそれがある場合は、町内の指定避難所を開放します。状況により、開放しますので、避難する際に電話等で確認してください。
・すでに激しい雨となっていて、避難所等への移動に危険を感じるときは、家の2階など高い所や、崖などの斜面から少しでも遠い部屋など、より安全な場所に移動してください。
・避難する際の持ち出し品は最小限にしましょう。
・外出中の家族には、電話等や連絡メモを。
・近所の人たちと協力しあいましょう。特に、子どもやお年寄り、身体の不自由な人を優先に。
・避難場所に移動するとき、川べりや水路・塀ぎわなどは避けましょう。
・避難場所に着いたら、住所・名前などを避難場所の係員など責任者に報告しましょう。

雨の強さ

天気予報などでよく耳にしますが、「強い雨」とは次のとおりです。

1時間の雨量
やや強い雨 10mm~20mm ザーザーと降る
強い雨 20mm~30mm どしゃ降り
激しい雨 30mm~50mm バケツをひっくり返したように降る
非常に激しい雨 50mm~80mm 滝のように降る(ゴーゴーと降る)
  • ※平成21年7月24日に発生した集中豪雨で計測された雨量は70mmです。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する