ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、安心・安全の下層の、防災・災害です。>各警報・注意報

くらしのガイド

防災・災害

このページを印刷する

特別警報の発表を開始します

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

各警報・注意報発表については次のとおりです。(福岡管区気象台情報より)

大雨
大雨注意報

雨量基準

1時間雨量 40mm
土壌雨量指数 112
大雨警報

浸水害警報

雨量基準

1時間雨量 60mm
土砂災害警報 土壌雨量指数 160

記録的短時間

大雨情報

雨量基準 1時間雨量 110mm
土壌雨量指数
土砂災害の危険性を示す指標で、降った雨が土壌中に水分量としてどれだけ溜まっているかを、これまでに降った雨と今後数時間に降ると予想される雨などの雨量データから「タンクモデル」という手法を用いて指数化したもの
洪水
洪水注意報 雨量基準 1時間雨量 40mm
流域雨量指数 多々良川流域 18
複合基準

1時間雨量 30mmかつ流域雨量指数 

多々良川流域 13

洪水警報 雨量基準 1時間雨量 60mm
流域雨量指数 多々良川流域 23
複合基準

1時間雨量 45mmかつ流域雨量指数 

多々良川流域 13

流域雨量指数
洪水災害に関する指標で、大雨によって発生する洪水災害は流下してくる雨水の量が多いほど発生の可能性は高く、時間差も考慮する必要があるため、河川の流域に降った雨が、どれだけ下流の地域に影響を及ぼすかを、これまでに降った雨と今後数時間に降ると予想される雨から、流出過程と流下過程の計算によって指数化したもの。
強風
強風注意報 平均風速

12m/秒(時速43km)

暴風警報 平均風速

20m/秒(時速72km)

乾燥
乾燥注意報 湿度 最少湿度40%で、実効湿度60%
  • ※警報なし
濃霧
濃霧注意報 視程 100m
  • ※警報なし

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する