ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、安心・安全の下層の、防災・災害です。>地震対策

くらしのガイド

防災・災害

このページを印刷する

地震対策

地震はいつおこるかわかりません。次のような対策を事前に行っておきましょう。

家具に留め具をつけている画像

・家具や家電製品(テレビ・冷蔵庫など)は、転倒・落下防止のため、留め具などで固定する。

・窓ガラスが割れ、破片が飛び散らないように、窓にガラス飛散防止フィルムなどを貼る。

・窓ガラスが割れたときの場合に、スリッパや運動靴を準備する。


地震が起こった場合は、次のような行動の後に避難しましょう。

 

・机の下にもぐり込む。

・近くにある布団や座布団などで頭を覆うなどして落下物から身を守る。

・地震によりドアや窓が変形し開かなくなることがあるので、揺れの合間をみて、ドアや窓を開け、逃げ道を確保しておく。

揺れがおさまってきたら、ストーブやガスコンロなどの火を消し、コンセントを抜く。

・揺れがおさまってきたら、余震に備え、しばらく安全な場所へ移動する。

机の下に避難する画像コンロを切る画像
人の体感・行動、屋内の状況、屋外の状況
震度階級 人の体感・行動 屋内の状況 屋外の状況
0
人は揺れを感じないが、地震計には記録される。
1
屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。
2
屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には、目を覚ます人もいる。 電灯などのつり下げ物が、わずかに揺れる。
3
屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。 棚にある食器類が音を立てることがある。 電線が少し揺れる。
4
ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。 電灯などのつり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てる。座りの悪い置物が、倒れることがある。 電線が大きく揺れる。自動車を運転していて、揺れに気付く人がいる。
5弱
大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。 電灯などのつり下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある。座りの悪い置物の大半が倒れる。固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。 まれに窓ガラスが割れて落ちることがある。電柱が揺れるのがわかる。道路に被害が生じることがある。
5強
大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。 棚にある食器類や書棚の本で、落ちるものが多くなる。テレビが台から落ちることがある。固定していない家具が倒れることがある。 窓ガラスが割れて落ちることがある。補強されていないブロック塀が崩れることがある。据付けが不十分な自動販売機が倒れることがある。自動車の運転が困難となり、停止する車もある。
6弱
立っていることが困難になる。 固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。ドアが開かなくなることがある。 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。
6強
立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。 固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物が多くなる。補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。
7
固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物がさらに多くなる。補強されているブロック塀も破損するものがある

 

 

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する