ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、安心・安全の下層の、防犯です。

くらしのガイド

防犯

このページを印刷する

犯罪の多様化・凶悪化が進む中、地域と警察、行政が一体となった防犯対策を推進しています。防犯ボランティア登録団体及び個人ボランティアの人たちが、自主的に地域パトロールや子どもたちの見守り運動を展開しています。

また、昼夜を問わず身の危険を感じた際に通報や安全確保を目的とした「防犯ステーションかすや」協力店舗の増加や青色パトロール車による町内パトロールの巡回を強化して、住民が安心して暮らしていける「まちづくり」を目指しています。

地域の安全

地域の安全・安心は、警察のパトロールや犯罪の取締りのみによって保たれるものではありません。私たち個人の防犯意識を高めるのはもちろん、地域のみなさんやボランティア団体が自主的に行う防犯活動に積極的に取り組むことが重要です。

防犯カメラの設置

平成23年7月28日、長者原駅周辺と酒殿駅周辺に合計10台の防犯カメラを設置しました。また、平成24年7月10日、JR長者原駅、柚須駅、伊賀駅、門松駅周辺にも合計7台の防犯カメラを設置しました。

これにより、駅周辺におけるひったくりや性犯罪などの抑制が期待されます。粕屋町はこれからも安全で安心なまちづくりの推進に力を入れてまいります。

ひったくりの対策

ひったくり対策

自分は被害に遭わないと思わず、「被害に遭うかもしれない」という意識を持つことが大切です。

ポイント
  • バッグは必ず建物側に持ち、胸付近にしっかり抱えるなど持ち方を工夫しましょう。
  • バイクや自転車等が近づいてきたら、後ろを振り返るなど注意しましょう。
  • 人通りの少ない道や暗い道は避けましょう。
  • 自転車の利用者は、前カゴに防犯ネット等を装着しましょう。
  • 歩きながらの携帯電話は控えましょう。
  • ATMなどで現金を下ろした後は、周りを確認するなど特に注意しましょう。
  • 防犯ブザーを活用しましょう。

性犯罪等の対策

性犯罪等の対策

自分は大丈夫と思わず、十分注意しましょう。。

ポイント
  • 周囲を警戒していることをアピールしましょう。
  • 防犯ブザーなどの防犯グッズを身につけましょう。
  • 不審者に襲われそうになったら大声を出すなどして、周囲の人に知らせましょう。
  • 帰宅するときは、友人や同僚などと帰りましょう。
  • 遠回りでも人通りの多い、明るい道を選んで通りましょう。
  • タクシーで帰るときは、玄関口まで乗りつけましょう。
  • 携帯電話での通話やメール、音楽を聞きながらの「ながら歩行」はやめましょう。
  • エレベーターでは乗る前に周囲を確認しましょう。
  • エレベーターで知らない男性が乗り込んできたら外に出るか、次の階段で降りましょう。
  • 帰宅して玄関のカギを開けるときは、周囲を確認しましょう。
  • 就寝時前には玄関や窓のカギを確認しましょう。
  • 高層階でも窓にはカギをかけましょう。
  • ドアチェーンを忘れないようにしましょう。
  • 見知らぬ訪問者には、ドアチェーンをかけたまま対応しましょう。

rink1

rink2

rink3

住宅侵入盗の対策

住宅侵入対策

カギをかけないまま外出したり、就寝することは危険です。平素から、家族みんなで防犯対策を考えましょう。

ポイント
  • 窓に取り付けるカーテンの色や柄に気を配りましょう。
  • ベランダに干す洗濯物には気を配りましょう。
  • 外出するときは必ず戸締りをしましょう。
  • 出入口には主錠のほかに補助錠をつけましょう。
  • 風呂場や窓・トイレ・べランダのガラス戸も忘れず戸締りをしましょう。
  • 外出するときは、近隣所に声をかけましょう。
  • 夜は早めに戸締りをし、カギのかけ忘れのないようにしましょう。

振り込め詐欺の対策

振り込め詐欺の対策

特に高齢者の皆さん注意してください。警察官や弁護士等をかたるなど、犯人は複数で巧妙な手口や高齢者の弱みにつけ込んで近づいてきます。電話の声だけでは見抜けません。「私は大丈夫」という過信は禁物。しっかりと家族の絆で被害防止対策をしましょう。

ポイント
  • 自分から先に家族等の名前を言わないようにしましょう。
  • 個人情報を教えないようにしましょう。
  • 必ず相手の名前、住所、電話番号等を確認しましょう。
  • 相手の話をうのみにせず、まず、電話を切って話の内容を確認しましょう。
  • お金等の要求があってもすぐ振り込むことはせず、家族や知人、警察に相談しましょう。

自転車・オートバイ盗、車上狙いの対策

自転車・オートバイ盗、車上狙いの対策

駐輪場に置いているので大丈夫とは思わず、十分注意しましょう。

ポイント
  • 駐輪する場所に気をつけましょう。
  • エンジンキーは抜きましょう。
  • 2ロック(シリンダー錠・ワイヤー錠・U字型錠)をしましょう。
  • オートバイにはハンドルロックをしましょう。
  • 自転車の防犯登録をしましょう。
  • 車内に荷物を置いたままにしない。
  • 車には防犯装置をつけましょう。

少年非行の状況(わが子を非行化させる秘訣)

福岡県の少年非行状況(平成25年中)
  • 刑法犯少年検挙補導人員 ― 全国で6番目
  • 非行者率 ― 全国ワースト2位
    ※非行者率…10歳から19歳までの少年人口1,000人あたりに刑法犯少年が占める割合
  • シンナー乱用で検挙補導された少年 ― 14年連続全国ワースト1位
  • 再犯者率 ― 35.1パーセント(全国平均34.3パーセント)
平成25年中 粕屋地区刑法犯少年の検挙補導状況(非行地別)
区分 粕屋町 古賀市 宇美町 篠栗町 志免町 須恵町 新宮町

久山町

総数
54
36
30
25
52
15
19
8
凶悪犯
0
1
0
0
1
2
0
0
粗悪犯
4
6
1
0
2
2
1
0
窃盗犯
34
12
8
21
28
6
9
4
風俗犯
1
0
1
0
0
0
0
0
占有離脱物横領
14
16
9
3
13
5
8
4
その他
1
1
11
1
8
0
1
0
平成25年中 粕屋地区刑法犯少年の検挙補導状況(住居地別)
区分 粕屋町 古賀市 宇美町 篠栗町 志免町 須恵町 新宮町

久山町

総数
45
53
35
21
57
21
14
2
凶悪犯
0
1
0
0
3
0
0
0
粗悪犯
3
8
2
0
2
2
0
0
窃盗犯
30
19
11
14
33
11
9
1
風俗犯
1
0
1
0
0
0
0
0
占有離脱物横領
11
23
13
5
11
7
4
0
その他
0
2
8
2
8
1
1
1

(福岡県警提供資料による)

※凶悪犯には、殺人、強盗、放火、強姦を計上
※粗暴犯には、暴行、傷害、脅迫、恐喝を計上
※窃盗犯には、万引き、オートバイ盗、自転車盗、ひったくり、その他を計上
※風俗犯には、賭博、わいせつを計上

バックナンバー
次代を担う少年が、心豊かにたくましく育ち、非行のない明るい社会になることを願って

「わが子を非行化させる秘訣20ヶ条」は、ある問題の解決にあたって問題設定の枠に従って考えること(垂直思考)を離れて、自由に思った色々な角度から考えをめぐらして、手掛りを得ようとするイギリスのエドワード・デボノ氏が唱えた思考法(水平思考)で、アメリカのデンバー少年裁判所が「子どもを悪くする法」というものを発表して、世の親たちに警告を発した20ヶ条(逆説的子育て論)です。

わが子を非行化させる秘訣20ヶ条
  1. 幼いときから冷たくあしらうべし。スキンシップとか遊びあいては禁物です。
  2. 欲しいといえば何でも買い与えること。うるさく細かく親の思うままに世話を焼くこと。
  3. 子どもの間違えや失敗は、理由を問わず叱りとばす。ひっぱたくことはいっそうよろしい。
  4. しつけと教育の責任は保育園や学校にまかせっきりにすること。
  5. お小遣いが欲しいといったら、それが必要なものと分かっていても必ず小言を言って渡すこと。
  6. 子どもとの約束は必ず忘れること。もし子どもが思い出しても断固として黙殺すること。
  7. 食卓のだんらんは家庭から一掃すべし。子どもの話題や関心などは他愛がない。
  8. 子どもがどこで何をして遊ぼうが気にしない。遊び相手についても全く気にしないこと。
  9. 子どもには命令あるのみで、絶対服従を強いること。子どもの人格や主体性など認める必要ない。
  10. できの良い兄弟やよその子と比較し、“お前はバカだ、誰々を見習え”を連発すること。
  11. 客が帰った後、必ず客のあらさがしをして客の悪口を言うこと。
  12. 問題解決は、暴力に訴えるか集団の実力を悪用するのが早いことを子どもに示すこと。
  13. 子どもが良いことや努力をしてもほめず、悪事をうまくやったら忘れずほめること。
  14. 子どもの前で決して夫婦間の意見を一致させない。父親は難しい問題からうまく逃げるに限る。
  15. 子どもの異性友達は、みだらなものと想像して口汚くののしること。
  16. 子どもに払った苦労や犠牲について繰り返し言って聞かせ、恩にきせること。
  17. お金こそが人生最高の目標である事を身をもって教え込み宗教や精神生活を軽蔑させること。
  18. 法律や警察、役所の悪口を言い、社会の決まりや公共機関への敵意を植えつけること。
  19. 社会や人の為の犠牲や奉仕などはせず、常に自分の事だけを考えるように教えること。
  20. もし、以上のすべてを守れなくても次の一つだけを心がけるならば、あなたの子どもの非行は、効率よく進むだろう。

“いつも夫婦仲悪く暮らし、憎しみ合い、出来れば不貞をはたらくこと”
親が子どもを虐待し、成長した子が親を殺害するという事件が増加している昨今、「わが子を非行化させる秘訣20ヶ条」の逆のことを実践して子どもに関心を持ち、家庭において親子の対話を深めて規範意識を醸成し、少年の非行化防止に努めましょう。

防犯ボランティア団体・個人の登録受付中!

防犯パトロールで住みよいまちを

パトロールは、子どもの見守りだけでなく地域全体の犯罪防止に大変効果があります。
パトロールをする姿をできる限り多く見せて、犯罪者に機会を与えないことが非常に大切なことです。「地域の安全は、自分たちで守る」という意識で、警察をはじめ地域住民やボランティア団体の方々とともに安全で安心して過ごせる地域になるように取り組んでいきましょう。

町内在住もしくは事業所などで防犯ボランティアに登録されたい団体・個人の方は、協働のまちづくり課までお尋ねください。

ママパパ防犯ミニ教室のご案内

ミニ防犯教室 つどいの広場
「つどいの広場」で開催された、防犯ミニ教室の様子です。

犯罪から自分を、そして大切な家族を守りましょう

県の事業により無料で、親子で参加できるミニ防犯教室をグループで受講することができます。粕屋町でも、子育て中の親子が集う町営の子育て支援広場「つどいの広場」で開催されました。興味のある方は、子どもさんと一緒に、仲間を誘って受講してみませんか。詳しくは下記へ。申込もできます。

※親子ミニ防災教室も受付中です。

 

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する