ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、行政ガイドの下層の、情報公開の下層の、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)です。

行政ガイド

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

このページを印刷する

はじめに

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは、住民票を有する全ての方に一人一つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するための社会基盤(インフラ)となる制度です。

詳しくは、以下の内閣官房ホームページをご覧ください。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)のメリット

マイナちゃん

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の期待される効果として、大きく3つあげられます 。

1.公平・公正な社会の実現

「所得」や「他の行政サービスの受給状況」などを把握しやすくなり、本当に困っている人にきめ細やかな支援を行うことができます。また、不当に負担を逃れることや、不正受給を防止します。

2. 国民の利便性の向上

各種手続における必要な書類(住民票や所得証明など)の添付を省略できるようになり、行政手続が簡素化され、負担が軽減されます。
3. 行政の効率化
行政機関や地方公共団体での業務の効率化が図られ、手続がスムーズになります。

個人番号(マイナンバー)とは

個人番号(マイナンバー)とは、国民一人ひとりが持つ12桁の数字のみで構成される番号のことで、平成27年10月から住民票を有する全ての国民に個人番号(マイナンバー)が記載された「通知カード」が郵送されます。
個人番号(マイナンバー)は、番号が漏えいし不正に使われる恐れがある場合を除き、一生変更されることはありませんので大切に保管してください。

制度開始までの主なスケジュール

カード

平成27年10月
住民票を有する全ての国民に12桁の個人番号(マイナンバー)が通知されます。
平成28年1月
個人番号(マイナンバー)は、社会保障、税、災害対策の行政手続で利用します。希望者には、個人番号カード(顔写真付きのICカード)が交付されます。
平成29年1月
国の機関同士での情報連携が開始されます。
平成29年7月
地方公共団体等でも情報連携が開始されます。

事業者の皆さまへ

事業者の皆様も税や社会保障の手続などでマイナンバーや法人番号を取り扱うこととなります。 平成28年1月以降、従業員(パートやアルバイトを含む)のマイナンバーを順次取得して、源泉徴収票や健康保険・厚生年金・雇用保険などの書類にマイナンバーや法人番号を記載することになります。 マイナンバーを含む個人情報(特定個人情報)は適切に管理する必要があります。
詳細は、下記をご覧ください。

※このページの「事業者のみなさまへ」を参照ください。

マイナンバーコールセンターについて

制度に関して、コールセンターが開設されていますので、ご利用ください。

 

○マイナンバー総合フリーダイヤル

【日本語窓口】

0120-95-0178(無料)

【営業時間】

平日  午前9時30分から午後10時まで

土日祝 午前9時30分から午後5時30分まで

※平成28年4月1日以降は、平日 午前9時30分から午後5時30分

(土日祝・年末年始を除く)の対応となります。

 

○英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応フリーダイヤル

【マイナンバー制度に関すること】

0120-0178-26(無料)

【通知カード・マイナンバーカードに関すること】

0120-0178-27(無料)

【営業時間】

平日  午前9時30分から午後10時まで

土日祝 午前9時30分から午後5時30分まで

※英語以外の言語の平日対応は、午後8時までとなっています。

※平成28年4月1日以降は、平日 午前9時30分から午後5時30分

(土日祝・年末年始を除く)の対応となります。

粕屋町役場 総務部 経営政策課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0175(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する