ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、行政ガイドの下層の、情報公開の下層の、計画・取り組みの下層の、個性ある地域づくり計画です。

行政ガイド

個性ある地域づくり計画

このページを印刷する

個性ある地域づくり計画の概要

計画策定の背景

粕屋町周辺空撮写真

「粕屋町個性ある地域づくり基本計画」の策定は、福岡県の個性ある地域づくり推進事業補助金の交付を受けて行った事業です。個性ある地域づくり推進事業は、市町村が地域の特性を生かして創意と工夫にあふれた地域づくりを総合的に実施することを支援し、地域主導の個性と活力ある地域づくりを長期的、安定的に推進するため、福岡県が地域づくり基金を設置し、その運用益金を市町村の事業に対する補助金として交付するというものです。
事業のしくみは、まず初年度に住民参加のもとに「企画事業」を実施して地域づくりの推進計画を作成し、それに基づいて次年度以降、「シンボル事業(ハード/ソフト)」「モデルソフト事業」等を行うこととなっています。
個性ある地域づくり推進事業体系図
個性ある地域づくり推進事業の体系図
地域づくりの目的
  • 大都市福岡に隣接しながら都市化に流されない粕屋町の『らしさ』を守り、育てあげていく。
  • 町に対する町民の誇りや愛着を育てる。
方針と内容
方針

「大都市福岡に隣接したまちの新しいあり方を提案」

  • いなかの落ち着いた環境を残しながら、都会の便利さとおしゃれで楽しく歩ける環境を合わせ持つこれからの粕屋町の「原風景」を創り出す。
  • 粕屋町の本来あるコミュニティの良さを取り戻す、心地よい人づきあいのできる環境や仕組みを創りあげていく。
CI計画

「新しい粕屋町のイメージの基本づくり」

CI計画とは、本来企業が自社のイメージアップと社員のモラルアップを目的として企業活動の目的・将来像を社内・外に対して伝える手法です。粕屋町は地域経営戦略の一環として、地域住民ひいては周辺住民、企業を対象として、よりよい地域イメージの構築と住民のモラルアップを訴えていきます。

粕屋町のシンボルマーク

音符の記号で頭文字のKを形づくっています。ゆったりと歩ける町、創造性豊かで快適にすごせる町のイメージを表現しています。シンボルマークのデザインは、地域づくりの基本方針からイメージされる形をもとに多数のスケッチが描かれ、約50点が精緻化されました。
さらに15点がカラー化され、推進協議会において4点が選出され、町民投票で決定されました。
キャッチフレーズ

「元気に進もう、テクテクシティかすやまち」

シンボルマークの検討と共に、地域づくりの基本方針をもとに、これからの粕屋町のイメージを一言で言い表すキャッチフレーズの検討も行いました。フレーズを考えるにあたっての要素は「ゆったりしたリズム」「歩く」「元気」「個性」「自然」「幸福」「良い環境」などを考慮しました。多数の候補のなかから、4案に選別し、さらに調整と投票により、「元気に進もう、テクテクシティかすやまち」を採用しました。

サイン計画

「新しい粕屋町のイメージを伝えるサイン整備」

町の「サイン」は地域の公共的な情報と共に町のイメージを伝える役割を持っています。 サインの整備事業は地域のイメージアップ事業として、個性的なまちづくりのきっかけとしてもアピールできます。

景観計画

「新しい粕屋町のイメージを活かした景観整備」

町の中には、普段の生活の中で目にしていても気づかない、景観的なポイントが良い所や悪い所を含めて多く存在しています。こうした景観的なポイントを掘り起こし、整理・分析することで粕屋町の町並み景観のモデルを検討していきます。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 経営政策課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0175(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する